HOME > 製品情報 > 【COCONUT FUN】有機リアルオーガニックエクストラバージンココナッツオイル

リアルエクストラバージンココナッツオイル

写真  本品は有機栽培された新鮮な生ココナッツを、非加熱圧搾・遠心分離法で精製した
リアルオーガニック・エクストラバージン・ココナッツオイルです。
従来型の低温圧搾(50度以下)・醗酵分離法のバージンココナッツオイルとは違い、
熱をかけずに成分抽出できるため、遊離脂肪酸がより少なくなっています。
そのため、雑味のないスッキリとした味と豊かな香りをお楽しみいただけます。




最高品質といえる「有機」「オーガニック」のワケ

日本では農林水産省の厳しい有機認定機関による基準をクリアしなければ、
表示が認められていない「有機」「オーガニック」。その有機JAS認証はもちろんのこと、
アメリカ合衆国の農務省(United States Department of Agriculture)USDAの国立有機生産計画の認証、
そして有機認証の中でも厳しいとされる「ヨーロッパ有機認証」。
「リアルオーガニックエクストラバージンココナッツオイル」は複数の有機認証を取得しています。

自信を持って最高品質といえる有機栽培のココナッツを原料としているのでご安心ください


     



世界基準の安心安全な認証取得工場で生産

アメリカ食品医薬品局が定めた医薬品等の製造品質管理基準GMP、
『食品安全マネジメントシステム-フードチェーンに関わる組織に対する要求事項
(Food safety management systems - Requirements for any organization in the
food chain)』の
国際標準規格であるISO22000、
そしてHACCP を 導入している工場では、必要な教育・訓練を受けた従業員によって、
定められた手順や方法が日常の製造過程において遵守されることが 不可欠となっております。

これらの厳しい認証を受けた工場で作られているのが、
「リアルオーガニックエクストラバージンココナッツオイル」なのです

     


新鮮な原材料

原料であるココナッツを入手するには、方法が二つあります。
ひとつは、ココナッツ農場で椰子の木に登り完熟したココナッツをもぎ取る方法
ひとつは、落ちているココナッツを拾い集める方法

新鮮な「生しぼり」のココナッツオイルを精製するためには、

木に登り完熟したココナッツをもぎ取る
という作業が、必須なのです

体内クレンジングやダイエット、美白効果にまで
最近では認知症予防への効果が医学的にも報告されております


トランス脂肪酸0・コレステロールフリー

トランス脂肪酸は、一定量を摂取するとLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増加させガンや心臓疾患、動脈硬化などのリスクを高めるといわれており、
2003年以降、トランス脂肪酸を含む製品の使用を規制する国が増えています。
トランス脂肪酸の含有比率はデンマークでの2%以下など一部の国では規制がなされ、アメリカにおいては全ての州において禁止となっています。
しかし日本では特に規制はなく、日本のマーガリン類には脂質の8%程度のトランス脂肪酸が含まれています
もちろん、このリアルオーガニックエキストラバージンココナッツオイルはトランス脂肪酸を一切含みません。 コレステロールも0%。 安心してお召し上がりいただけます。



ラウリン酸含有率が50.7%

ラウリン酸は母乳にも含まれる成分で、免疫力強化や抗菌作用、抗炎症作用などがあります そのラウリン酸を 50.7% も含有しています。 ラウリン酸が美容と健康に、好影響を及ぼしてくれるのです



体内で燃焼しやすく、消化吸収が早いため、脂肪になりにくい!天然の中鎖脂肪酸

飽和脂肪酸といえば、肥満の原因になるとして悪者扱いされがちだが、それは動物由来の脂質に多く含まれる「長鎖脂肪酸」の話。普通の植物油に含まれる脂肪酸(長鎖脂肪酸)は、体内にゆっくり吸収された後、蓄積され、必要に応じて分解されエネルギーになる。 それに比べ、中鎖脂肪酸は消化吸収が速く、また、直接肝臓に運ばれ素早く分解されてエネルギーとなってしまうので、体に蓄積しないのです 。
ココナッツオイルには、脂質を構成する「飽和脂肪酸」のうち、その「中鎖脂肪酸」というタイプが、他の食用油に比べて豊富に含まれているのです。
だから、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸に比べて、体の中で中性脂肪として蓄積されにくいのです。



ケトン体

加齢制御医学の研究をなされている大学の教授は「中性脂肪酸は、母乳にも含まれる成分で、さまざまな体によい効果がある」中性脂肪酸は肝臓で分解されて、ケトン体という物質になります。ケトン体は、ブドウ糖と同様に脳のエネルギーになるという。
神経細胞は通常グルコース(ブドウ糖)をエネルギー源としているけれど、アルツハイマー病になると、これを使うことができなくなる。つまり、神経細胞が“ガス欠”状態になって、様々な認知障害が引き起こされるのだそうです。  エネルギー源としては、中鎖脂肪酸を分解してできるケトン体も有用との報告があり、この中鎖脂肪酸が豊富に含まれているのです。



料理でおいしく

パンに塗るバター・マーガリンをココナッツオイルに替える。コーヒー、スムージーに入れたり、お菓子つくり。お料理には、炒め油・揚げ油としても便利につかっていただけます。酸化しにくいのでいつまでもおいしく揚がります。甘い香りを付与します。 いつまでもサクサクです。中鎖脂肪酸が多いため、消化吸収率、代謝速度が速く太りません。 大さじ1杯、酢を小さじ1杯、塩、胡椒適量で美味しいサラダドレッシングができます。乳製品アレルギーで、バターなどご利用になれない方にも便利にお使いいただけます。  


製品情報



■オーガニック エクストラバージンココナッツオイル 200ml
名称食用有機ココナッツ油
原材料名食用有機ココナッツ油
内容量200ml(184g)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて常温保存
原産国スリランカ




▲ページトップに戻る